注目の記事 PICK UP!

松本市内において文庫小説を出張買取

本日ようやく長野県においても緊急事態宣言も解除される見通しとのことで、この間いろいろと大変な思いをされた方も多かったと思います。当店も例年通りですと暖かくなるにつれて買取も増えていくのですが、このご時世ということもあり、数としては3月~4月は少なめでした。ほとんどの方がお店にお持ち込み→査定後にご連絡という形でした。

さて、これから買取本番ということでどんどんご依頼お待ちしております!

今回ご依頼を頂いたのは店舗からそれほど遠くない場所にお住まいのご年配の方からです。早速お伺いしますと、比較的新しい文庫小説が多めにございました。まだたくさん本はあるのだけれど、とりあえずこの分だけということで査定を開始しました。

文庫小説は新品でも、もともと価格も高いものではないことと、数がとにかく出回るので、中古となるとやはりそれなりの価格になってしまいます。ただ、今回は数がある程度ありましたので、一応査定金額にもご納得頂けました。

まだ、創刊から集めた雑誌もあるとのことで、およそのお見積りをお伝えしたりさせて頂き、買取が終了しました。

きれいな状態での書籍をたくさんお売り頂きありがとうございました!またのご依頼を心よりお待ちしております。

関連記事

  1. 松本市内にてLP約50枚、ムック本約50冊を出張買取

  2. 2020年松本市内で最初の出張買取

  3. 諸星大二郎の複数全巻セットやデザイン・シナリオ関係の書籍を出張買取

  4. 80年代HR/HMを中心とした7inchレコードを持ち込み買取

  5. 塩尻市にて7inch レコード約300枚を出張買取

  6. 明科にてクラシック・オペラ関係のLDを約50枚出張買い取り

  7. 最近のレコード買取動向

  8. 最近のレコード買取動向

  9. 夏目漱石『吾輩は猫である』大倉書店から出た大正六年発刊の縮刷版

    松本市内にお住みの方から単行本、通年雑誌セット、夏目漱石縮刷版などを持ち込み買取

PAGE TOP
お問い合わせ電話