注目の記事 PICK UP!

買取日記

明けましておめでとうございます。2022年もよろしくお願いいたします。昨年もたくさんの方にご利用いただき、買い取り日記もなかなか更新できずにいました。出張はもちろん、お店への持ち込みの方も大幅に増え、毎日忙しく過ごすうちにあっという間に年が明けてしまったという感じです。昨年度の出張買取のうち、印象深い買取をいくつか紹介させていただきたいと思います。

①まずは市内にお住みの元教育関係者の方です。最初はお店にご来店いただき、売却予定の書籍の写真をスマホで見せてもらいました。そして日時を決め、ご自宅まで伺いました。さすが、教育関係にお勤めであったということもあり、関連本はもちろん、ご本人も生粋の本好きらしく実に様々の種類の本がございました。清算が済み、車に積み終わるともう一度気持ちの整理をさせてくださいと言われ、非常に感慨深い顔をされていたのが印象的でした。とても思い入れの深い書物をお売り頂きました。

②次は研究者の方からのご依頼で松本の拠点と佐久市の拠点においてある書籍整理のご依頼でした。内容は地質学や気象学、経済学などの内容が中心でこちらもかなりの量がございました。松本拠点もかなりの量があったのですが、佐久拠点にもそれ以上の書籍があり、佐久には結局2回に分けて出張致しました。やはり、研究者レベルの方の書籍の蒐集レベルのすさまじさを感じました。こちらも捨ててしまえばそれまでですが、後進の研究者の方にも書籍を市場に回すことで再活用ができるようになります。久々の佐久市で遠方への出張でしたが、長距離出張はなかなか普段ないので、良い気分転換になりました。

③次は安曇野市にお住まいの方です。こちらはご主人が生前に残された書籍の整理です。到着してみるとなんとびっくり、書籍だけが陳列されている離れが庭に建てられており、そこにぎっしりと書籍が残っておりました。こちらもやはり教育関係のお仕事をされていたということで、教育関係が多めでした。かつてお給料が入るとすぐに書籍を買い込んでいたとのことで、非常に勉強熱心、本好きの方であったのだなあと思わされました。ただ、残念だったのが、若干部屋に放置されていた期間が長く、少し傷みが入ってしまっている書籍も多かったことです。それでも全体的にまだまだ活用できる書籍も多くあり、非常にありがたい買取になりました。

④最後に安曇野市にお住まいの方でジャズのレコードの買取依頼で伺いました。かなりの量があるということはお電話で伺ってはいましたが、到着してびっくり、今まで買取した中で一番の規模の量でした。内容はモダンジャズがほとんどで最終的にお店に持ち帰って計算するとLPだけで1500枚ほどの量がございました。ご本人は特にチャーリー・パーカーの熱心なファンでパーカー関係はほぼコンプリートされていました。また、LPだけでなく10inch盤の貴重盤も多くあり、まさに歴史的価値が今後より増すであろうレコードがたくさんありました。こちらは量が量なので一旦室内倉庫に引き上げ、少しづつ出品させていただきたいと思います。

2022年もたくさんの買取をお待ちしております。まずはお電話にてご相談をお待ちしております!

 

関連記事

  1. 諸星大二郎の複数全巻セットやデザイン・シナリオ関係の書籍を出張買取

  2. 松本市内において自然写真集・仏像関係の書籍を出張買取

  3. 松本市内において日本盤60年代ロックLP及び7inch約100枚を出張買取

  4. 松本市内において文庫小説を出張買取

  5. 松本市内にお住みの方からCD約100枚を持ち込み買取り

  6. 山渓ハンディ図鑑及び講談社学術文庫などを持ち込み買取

  7. 明科にてクラシック・オペラ関係のLDを約50枚出張買い取り

  8. 松本市内にお住みの方から雑誌『写真工業』、『アサヒカメラ』など約500冊を出張買取

  9. 松本市内においてマンガ本約500冊を出張買取

PAGE TOP
お問い合わせ電話